FC2ブログ
プロフィール

めいろん

Author:めいろん
愛犬家。
ドールとか映画とか仮面ライダーとか色々嗜む
たまに絵描き。

好きな作品・アーティスト等等↓
■エイリアンシリーズ
■平成ガメラ3部作
■仮面ライダーシリーズ
■V FOR VENDETTA
■WATCHMEN
■ミスト
■パンツァードラグーン
■エルフェンリート
■スピッツ
■京極夏彦
■アラン・ムーア
■スティーヴン・キング


mixi
pixiv
twitter



ついったー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


両手に花
Caralluma shadhbanaC. hexagona ?)さんの2度目の花期が到来。
固まって咲くのは知ってましたが今年見られるとは・・・感激です。

shadhbana01

何度見ても地球が故郷とは思えないデザイン...
shadhbana02

寒がりっぽいので夜は中に入れてるのですがこんだけ咲くと臭いがなかなか強烈。


よく分からないフェルニアも咲きました。
でろん、とした感じがいかにもキャリオン・フラワーって感じで素敵。

huerniasp02

huerniasp01
はじめて見る造形、雑種なのかも
スポンサーサイト

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用


花盛り
アフリカのあたりも地域によっては季節・昼夜の寒暖差が
大きいみたいで、今の気温が心地よいのか色々咲いてます。


hislopii02

Huernia hislopii ssp. hislopii
この子は寒いのかこの後日に日に紅葉が進行中。


robusta01

robusta02

H. hislopii ssp. robusta
匍匐性なのでやたらスペースとります・・・
春からこっち落芽また落芽だったのでこれはうれしい


orbea01

orbea02

Orbea deflersiana
は移植後も絶好調。
蕾上げまくりでこの子は今後も楽しみ。

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用


オルベア開花~
orbea02

我が家で唯一のオルベアさんが開花。
Orbea deflersiana、地味めな外見です。
でもえも言われぬ強い香り・・・
質感は見た目ベルベット的なのかと思ったらざらざらでした。

5月にやってきたときは可愛らしい小株でしたが・・・

orbea03

3ヶ月ほどで立派なお姿に。
タトゥーみたいな模様が格好良いです。
子株も発根し始めていたのでこの後大きな鉢に移植。
蕾が大量なので今後も期待できそうです。

orbea01

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用


ミッチェルズパス
Stapelia hirsutaさんが開花してくれました。
産地止まりなのか品種として認められているのかわかりませんがMitchell's Passとして取引されてる株です。

Stapelia hirsuta06

ピンクの毛が実に美しい、絢爛豪華な花。
特に中心付近はふわふわしてて触ると気持ち良いです。

Stapelia hirsuta04

立ち上がる真ん中の小花冠も装飾的で美しいです。
が、おそらくその最下層にある蜜が鋭い屍肉臭を放ちます・・・
噂には聞いていましたが暑い外に出したときの臭い方はすさまじくて、1時間ほどでハエに卵生まれました。
その日のうちに蛆がわくハエもたいがいすごいと思うのですが、花粉運ばせるために利用するだけで一切ハエに報いる気はありませんので、どうも夕方には全部乾燥と飢餓で死んだようです。

Stapelia hirsuta01

ちなみに中央左寄りにある黒い点が2つの花粉塊を結び付けてる部位です。
この子らは大型なので、視力が心許ない私でも肉眼で見ながらつまようじを裂いたもので簡単に取り外せました。
5組のうち2組はハエに持っていかれたようなので、どうせ見込みがないならと残りは自家受粉させときました。
自家受粉の成功率は5%もないそうですが・・・とりあえず花は枯れてきたので様子見です。

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用


しまうま!
Huernia zebrina ssp. zebrinaさん開花~
学名のゼブリナ・園芸名の縞馬のとおりみごとなゼブラ模様。
宝石に比されるのも納得です。
Huernia zebrina01

annulusというらしいリング状のふくらみを持つタイプなので可愛い造形。
Huernia zebrina02

中心アップ。
Huernia zebrina03
目立ってる黄×紫のツートンカラーの器官の、さらに内側の器官が生殖器官。
この子らはいわゆるおしべ・めしべがないので・・・
"鍵"にあたるオス側のpollinium keyが"鍵穴"にあたるメス側のstaminal lockのスリットに刺さってはじめて受粉できる、ということを今日学びました。
ネーミングのせいかなんかドラマチックです。
やたら複雑な周囲の構造は一時的に虫を拘束するためっぽいです。
最奥にある蜜を求めて入り込んだ虫はスリットに引っかかって出られなくなり、暴れて花の一部を破壊してどうにか抜け出すのですが・・・
引っかかるのがなにせスリットなので動けるのは上下方向に限られ、必然的に上部にある"鍵"付きの花粉塊を体にくっつけて抜け出すことになるというわけ。
なかなかあなどれない策士です。

ちなみに5月時点ではこんな感じでしたが・・・
Huernia zebrina05

2ヶ月でこんなに立派に。
丈夫で生育旺盛、それゆえに安く普通に手に入るうえ何より花が派手な実によくできた子です。
実際興味を持ち始めたきっかけは別の種類なのですが買おうと思ったきっかけはこの種類で、つきあいも一番長い株だけに感動も一入なのですよ。
Huernia zebrina04

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。